ハイパーフレア
5710a9479821cc8e25001b37 5710a9479821cc8e25001b37 5710a9479821cc8e25001b37 5710a9479821cc8e25001b37

ハイパーフレア

残り1点

¥49,680 税込

送料についてはこちら

ハイパーフレアーはフレアー・エネルギー・システムを産業用に開発し、生活環境エネルギーの改善を目的とします。 自動車等、各種製品に取りつけることで、職人が生産した製品のレベル、あるいは設計投階での意識レベルにまで製品のエネルギーを回復し、使用する人の意識がスムーズに反映され、疲れのない製品へと復元します。 “ハイパーフレアーを配電盤に設置する事で、” ○ 家電製品の作動時に発生する不調和な振動が調整され、 機能が回復し、元来の機器の働きに戻ります。 ○ 同時に人体を酸化し、体力を消耗させていた電磁波は、 活力を与える電磁波に換わります。 ○ また、変換された電磁波は機器の振動で増幅され、 エネルギーとなり家屋は癒しの場となります。 解説: 18世紀末の産業革命は、作業の分業化で作業能率が著しく向上し、大量生産が可能となり、飛躍的に安価で生産出来るようになりました。 それまでは設計から生産まで一環し、各部品から最終製品まで手がけられ、製品に職人の手(意識=エネルギー)が働き、製品に命を与えてきました。 ところが、仕事の分業化で、設計と生産の分離と部品生産の分散化、さらに機械化で、効率化に拍車が懸かり、分業化は更に再分化され、設計の段階ではその目的が理解されていても製造段階では使用目的の判らないままに部品が作られ、組み込まれた部品の集合体が製品となっています。工場で生産される製品のほとんどがこの方法で生産されています。   このように、作る人の意志(エネルギー)も働かず、機械化でロボットが生産し、命の欠落した製品が大量に生産されています。 この職人の手(意識=エネルギー=命)の欠落した機器は作動時に必然的に命を必要とし、欠落したエネルギーを使用者(オペレータ)の生命力で補い作動しています。 このことで人体は活力を消耗しています。 “ハイパーフレアーなぜ効果を発揮するか?” 近代科学文明は機械され空間には光波、音波、振動波、電磁波など多くの人工波を発生させています。 バスや電車、飛行機等の大型交通機関や家電製品など機器の作動時に、波長の違う大小多くの部品による不調和な振動が機器の機能を低下させています。 また、同時に発生する電磁波は人工物でエネルギーが低く、人体に影響を与えています。 ハイパーフレアーは、その不調和な振動を単一化に調整(特許取得)し、それに伴う電磁波も自然物のエネルギーにオペレータの意識で改善されますように開発した道具です。 ○不調和な振動が単一化された機器は元来機能に回復されます。 ○改善された電磁波は機器の振動で増幅され人体に活力を与えます。 配電盤にハイパーフレアーを設置すると、電線や家電製品の作動時に発生する不調和な振動を調整し、家電製品の機能を高め、さらに、人体を酸化し活力をなくしていた電磁波が改善され、改善された電磁波は機器の振動で増幅され、エネルギーの満ちた家屋となります。“昔の家屋のような癒しの場となります。”  また、地レジの電波は自然界に存在しない波長で人体への影響は、今回の沖縄の測定では想像以上に人体に負担を掛ける測定結果でした。 その改善には、配電盤とは別に、地レジのテレビ本体にハイパーフレアーを設置することで解決できる測定結果を得ました。 ■ ハイパーフレアー(特許第4282124号) 家屋内の電線や電化製品、パソコン、冷暖房機器などの家電製品の電磁波は、人体を酸化させ、負担を与えています。 しかし、家屋の電源、配電盤にハイパーフレアーを設置すると、その電磁波は自然界のエネルギー(炁=気)と同じ電磁波になる測定結果がでました。 “自然界の存在する電磁波と人工的な電磁波とは人体に与える影響が違います。” 自動車に取り付けた場合 (電気自動車には特に必要となります。)馬力もアップし、疲れの少ない車になります。 ●サイズ(長さ×幅×厚さ) 270mm×110mm×16mm